スポーツ科/共学 競技力を高めながら、大学や専門学校への進学をめざす スポーツ進学コース
”文武両道”を実現するカリキュラム展開

専門種目の競技力向上のために必要なスポーツに関する知識や身体能力を養成するとともに、進学に必要な学力も向上させます。主にスポーツ・体育系大学・私立文系大学への進学を視野に入れたカリキュラムを展開します。

POINT01 ”文武両道”を実現する

主にスポーツ・体育系大学や私立文系大学への進学を視野に入れたカリキュラムを展開するため、アスリートコースに比べて一般科目の授業数をやや多く設定しています。競技力向上を目的とした知識や技術を身につけるとともに、進学に必要な学力も養うことができます。

POINT02 興味あるテーマを深く研究

3年次に実施する「卒業研究文集」は、専門科目・実技・実習での経験と、1年次から「スポーツ総合演習」で磨いてきたスピーチ・レポートのスキルを注ぎ込む集大成。栄養やストレッチ、メンタルトレーニングや筋力トレーニングなど、スポーツに関するテーマの研究文集を、スポーツ科の全3年生の前で発表します。
(アスリートコースも同様)

スポーツ進学写真1スポーツ進学写真2
1年

スポーツの楽しさを
基礎から学ぶ

「スポーツ概論」は大きく分けて概論とトレーニング論の二つ。1年次の概論は主に「スポーツの魅力」、「現代スポーツの問題点」、「スポーツと経済」などを学びます。理論と実技を学ぶトレーニング論は、体力トレーニングの基礎を身につけます。

2年

スポーツの競技力を高める
メソッドを身につける

2年次の「スポーツ概論」は、スポーツの競技力を高める仕組みを勉強。主に「競技力向上に必要な知識」や「競技力を向上させる練習方法や練習計画」、「メンタルトレーニング」や「競技力向上に向けた指導体制」などを学びます。

3年

3年間で学んだスポーツの
楽しさを伝えていく進路へ

「卒業研究文集」や「リーダー実習」といった、3年間の経験が試される重要な行事があります。3年間の座学や実習などの経験をベースに、生徒は進路を決定。それぞれの目標に向かって競技力や学力を高めるためにラストスパートをかけます。

カリキュラム

スポーツ進学 カリキュラム