普通科/共学 クラブ活動に打ち込みながら進学をめざす 特別進学コースⅡ
2年次より文系と看護・医療系に分かれて授業を展開

本コースでは公募制推薦入試や一般入試を利用し、近畿圏の文系大学または看護・医療系の大学や専門学校をめざします。クラブ活動と両立しながら、授業と長期休暇の進学講座(希望者)で基礎学力を定着させます。2年次からは文系と看護・医療系に分かれ、それぞれ受験科目に特化した授業を展開。一定基準を満たす生徒は、2年進級時に特進コースⅠへの変更も可能です。

POINT01 授業内容を捕捉する「進学講座」

特進コースⅡでは、クラブに所属している生徒が多いため、進学に必要な基本的な内容を授業時間内に学習します。更に希望者には長期休暇中、進学講座を実施しています。

POINT02 受験に強い”英語力”を習得

主要5教科の中で、特に英語は入試で最もポイントとなる教科。2年次からは“英語力”の向上を目的とした「応用英語」、3年次からは受験を意識した「発展英語」という授業を導入し、受験英語の実践力、応用力を高めていきます。総合学習の授業でも、2年次の2学期に予定されている海外への研修旅行に向けて、日常英会話を本格的に学びます。

特進コースⅡ写真1特進コースⅡ写真2
1年

中学内容から基礎を固め、
つまずきや苦手意識を克服

1年では特別進学コースⅠと同じカリキュラムで授業を行います。ただ、特別進学コースⅠとは違い放課後の進学講座がないので、放課後に部活動や習い事ができます。
 
 

2年

文系と看護・医療系に分かれ
重点的に受験科目を学習

2年次からは文系と看護・医療系に分かれ、文系は英語・国語・地歴を重点的に、看護・医療系は受験に必要な主要5教科を幅広く学習。専門分野の知識や技術を学ぶ授業はありませんが、看護・医療系に進学するための学習に重点を置いています。

3年

受験に必要な科目を
強化し、対策バッチリ

大学入試が目前に控えるとあって、3年次は受験対策が中心。文系と看護・医療系共通の「発展英語」「応用国語」や文系の「世界史」「日本史」、看護・医療系の「応用数学」でできるだけ多くの入試問題や過去問題を解いて、大学入試に備えます。

カリキュラム

特進コースⅡ カリキュラム

※医療系3年次「応用国語」中に「古典B」1単位分を含む。